アリバイ会社の料金比較サイトです。複数を比較してお得な生活を

入居審査の審査基準

スポンサー

入居審査の審査基準

 

まず、気になるのは入居審査は何を見ているのかという点です。

 

主に大きく結果を左右するのは以下の4点と言われています。

  • 年収(支払い能力)
  • 職業(勤務先)
  • 保証人(続柄=関係性)
  • 人柄

 

一番下の人柄は上記4点の中でも一番重要度は低いと思われます。

 

年収は家賃との相関を見ている

わかりやすくご説明すると、年収700万円あったとしても家賃100万円の支払いが続かないように、
家賃と年収が釣り合うか という点が非常に重要になります。

 

もちろん、多ければ多いほど良いのですが、よくない噂が囁かれる会社や水商売関連などの場合は上記の場合ではありません。

 

多少年収低くてもしっかりとした企業の社員だったりするだけで結果は大きく変わってくる。

 

職業は非常に重要

まず、一番最初に見れれるのは、雇用形態です。

  • フリーター
  • 派遣
  • 契約社員

などはやはり正規社員と比べると信用は薄くなってしまいます。

 

次に、職業自体はやはり大きな意味合いを持ちます。

  • 水商売
  • 肉体労働
  • 運転手

などはハンデがある感も否めません。

 

また、大家(貸主)として理解しがたい事業を行う会社に務めている場合もあまり評価が高くないこともあります。
しっかりと説明し、理解してもらうことも非常に大切です。

 

保証人は審査の要

基本的に、保証人は本人と同等以上の収入が望ましいと言われています。
可能な限り本人との続柄は2等身以内が望ましく、
※2等身とは「親・兄弟・祖父母まで」です。
上記の2点をクリアできないだけで、大きくマイナス要因となってしまいます。

 

また、保証人が用意できない場合や、上記に当てはまらない場合は保証会社を利用するという手もあります。

 

入居審査の審査基準関連ページ

金融機関の審査基準

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ アリバイ会社とは 激選アリバイ会社5社 サイトマップ